MdNから2018年2月27日に発売された書籍「Webポートフォリオ・デザインブック SNS時代のクリエイティブの見せ方・伝え方」に、ポートフォリオサイトのBorderを掲載していただきました。

僕の他にも数多くのクリエイターの方のポートフォリオが掲載されていて、参考になる。ポートフォリオはそもそもなぜ必要なのか?PDFでなくWebでポートフォリオを作る意義はなんなのか、といったことが解説されていて、これからポートフォリオを整理しようかな、なんて人にはいい刺激になるのではないだろうか。

実際に自分のサイトを作ってみる章が個人的には面白かった。そういう趣旨だとポートフォリオはWordPressで作りましょう、といった内容になりがちだけど、この書籍はTumblrでのポートフォリオの作り方がとても丁寧に書いてあって面白い。昔からTumblrのテーマはよく作っているので、共感というか、Tumblrはいいサービスなのでこの本を通してもっと広く使われてほしいなと思った。


Borderのサイトは2014年にリニューアルしたもので、ここ数年はほとんど手を入れられていない。サークルのサイトやこのブログを制作するにあたってサーバを移動したりDocker化したりHTTPS化をしたり、ということはやったけど、目に見える部分は変わっていない。
今でも人に見てもらって大丈夫なサイトにできたことは良かった。でも、やはり4年弱の時間が経つと、自分の中でのポートフォリオの立ち位置や、ポートフォリオに求める要素などは色々変わってきている。
今年こそ、そういうところをクリアにしていければいいなと思う。

Webポートフォリオ・デザインブック SNS時代のクリエイティブの見せ方・伝え方 | 小島 幸代, 草野 恵子, 北川 貴清, 久保 靖資 |本 | 通販 | Amazon